とびきりおいしい紅茶を飲むための7つの秘密

5.紅茶の等級はおいしさのガイドになるの?

紅茶に等級(グレード)をつけて、表示されている場合があります。
たとえばSFTGFOP
(スーペリア・ファイン・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコの略ですが)
というような表現ですが、あなたもどこかで見た事ないですか?

高い等級がつけられた紅茶は、価格も結構高いですよね。
では、等級とおいしさって関係あるのでしょうか?

そもそも等級って何なのでしょうか?

紅茶は出来あがった時に、いくつものふるいにかけて茶葉の大きさ別に選り分けます。
等級の分類というのは、このふるいわける機械のメッシュのサイズで分けられます。
つまり、等級というには「紅茶の茶葉の形、大きさ」を示しているのです。
紅茶の品質とか、味ではないのです。

というのは、
等級の付け方には、国際的にも共通のガイドラインというものは何も無いんです。
法もないので、当然取り締まるところもないんです。
つまり、会社やお店が適当に等級をつけて売っても、罰せられることはありません。
勝手に表現して、等級をつけていいんです。

だからA店とB店の紅茶を、同じ等級であっても品質を比較することはできないのです。

さらに、A店のなかの紅茶でも、茶園名のついた紅茶の場合、
等級がついていても比較できないこともあります。
というのは○茶園と△茶園の紅茶の等級の付け方は違うからです。

A店が仕入れた茶園の紅茶に、A店独自の等級をつけずに、
そのまま○茶園、△茶園の等級を表示したらどうでしょうか?
○茶園、△茶園の等級がごちゃごちゃになって、もう、なんだかわかりませんよね。

また品質の良さをアピールするかのように、
ゴールデン・チップ(芯芽)の多いものを等級が高いと表現されていることもあります。

僕がティーセミナーでやる実験に、
紅茶のゴールデン・チップ(芯芽)だけをを集めて飲むというのがあります。
これを飲むと、生徒さんの10人中10人が
「おいしくありませんね!!!」
と言います。

ゴールデン・チップ(芯芽)には、ほとんど旨みしかないのです。
旨み、苦味、渋みのバランスが取れているものがおいしい紅茶です。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」なのです。

紅茶の茶摘は、古くから一芯二葉で摘まれてきました。
先端の芯芽プラス2枚の若葉のところで摘むのです。
これはゴールデン・チップ(芯芽)1に対して若葉が2の割合ということです。

これがバランスのいいおいしさだったから、
100年以上もずっとこの摘み方で、現在に受け継がれてきました。
それを崩して、チップがやけに多かったり少なかったりする紅茶は、
やはりおいしくない
のです。
画像〜茶摘み

SFTGFOP(スーペリア・ファイン・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ)
というような言葉は、古くからあったものではありません。
紅茶をより高く売るなどのために、時代とともに、
無意味な形容詞が、どんどん増えていきました。
でも、紅茶の品質や味とは無関係なのです。

つまり、おいしい紅茶を選ぶのに、等級は関係ないんです。
等級をつけることで、高い価格をつけることはできますが、おいしさのガイドにはなりません。
だから僕はOPとBOP以外の等級をつけないことにしました。

 → 6.ブレンドティーはどんな紅茶なの? へ進む





とびきりおいしい紅茶を飲むための7つの秘密
1.これだけはゆずれない。
おいしい紅茶を選ぶための3つのポイント!


2.紅茶の価格とおいしさは比例するの?

3.おいしい紅茶の産地はどこ?

4.茶葉の形や大きさは、おいしさに関係するの?

5.紅茶の等級はおいしさのガイドになるの?

6.ブレンドティーはどんな紅茶なの?

7.フレーバーティーはどんな紅茶なの?

★おいしいTea Time を楽しむためには!

とびきりおいしい!紅茶の入れ方を伝授します
アフタヌーンティーの秘訣
アフタヌーンティーを楽しむための知識などを紹介しています
リーフティーポートのメールマガジン

お買い物はこちらから
訪問販売法に基づく表示
業務用・卸について
リーフティーポートについて
サイトマップ

紅茶教室の先生!講師をめざすあなた!
知っていますか?こんな情報!?

HOME




























 ホーム紅茶専門店を始めた理由お客様の声お買い物はこちらから訪問販売法に基づく表示 サイトマップ


Copyright (C) 2004-2012 Kazutoshi Aida All rights reserved