とびきりおいしい!紅茶の入れ方をあなたに伝授します。

紅茶の入れ方

●用意するもの

●ティーカップ1杯分の入れ方

●ティーポットを使った入れ方




























































































































































あなたも「紅茶のおいしさを最大限に引き出す!入れ方」を試してみませんか?

いろいろな紅茶の入れ方が世間で紹介されていますが、
あなたはどんな方法で紅茶を入れていますか?

どれが正しいとか間違っているとかではなく、
いろいろな入れ方を、僕、相田が実際に試し、飲み比べていった結果、
たどり着いたのが、あなたに紹介する入れ方です。

素材の紅茶を生かすのも殺すのも、あなたの入れ方で決まります。
良い素材を用意しても料理人の腕によって料理の味が変わってくるように、
紅茶もあなたの入れ方ひとつで、香り・味・水色は格段に違ってきます。

僕の紹介する方法は、素材の紅茶の良さを最大限に生かす入れ方です。
紅茶のおいしさや香りを最大限に引き出し、
透明感のある、きれいな水色が得られる方法
です。
そしてあなたも、プロ並みに紅茶をおいしく入れられます。
その上、
 簡単にできます。熟練した技術は必要ありません。
 入れ方を読んだその日から、紅茶をおいしく入れられます。
 複数のティーカップでも、すべて均一な味でサービスできます。
 ティーポットの中のおかわりの紅茶も、濃くなる事なく最後までおいしく飲めます。
この紅茶の入れ方をマスターして、
あなたも「とびきりおいしいTea Time」 を楽しんでくださいね。

では、さっそく準備を始めましょう。

用意するもの

・ 紅茶  
・ 水   水道水で大丈夫です。ミネラルウォーターは不可です。
さて、道具ですが
・ やかん     注ぎ口が適度に太いほうが良いです。
・ ティーカップ  水色が良くわかるように、内側が白いものを用意しましょう。
・ 茶さじ     紅茶を量るためのものです。
          小ぶりなコーヒースプーンではありません。
紅茶の入れ方やかん
さらに必要なのは、
・ ガラスサーバー
・ 茶こし      業務用の取っ手付きの適度に目の細かいもの。
           畳み織りのものは不可。   
           装飾用も不可です。
紅茶の入れ方サーバー
・ キッチンタイマー  
           デジタルで秒単位で設定できるもの。              
           なければ、秒針のついた時計を使いましょう。


そして、もしあれば
・ ステンレス製マドラー  
・ タオル(サーバーの下に敷くためのもの)          
紅茶の入れ方タイマー
をご用意ください。

いつも使っている物と、ちょっと違う道具があるでしょうか?
でも、こんなちょっとした道具の違いからも、味や香りに差が出てしまうのです。
できるだけ、用意してみてくださいね。

ティーカップ1杯分の入れ方

1. 新鮮な水をグラグラと沸騰させましょう。
塩素臭が気になるときは、ヤカンのふたをとって5分ほど沸かし続けてください。


2. 温めたサーバーに3g(茶さじ山盛り1杯)の茶葉を入れます。
もしもデジタルの計量はかりを持っていたら、初回はきちんと計ってみましょう。    
正確な量がつかめたら、
1杯分の量3gにあったスプーンを用意すればOKです。
そして「ポットのための1杯」は加えないこと。
渋みや苦みが強くなりすぎて、おいしくありません。

紅茶の入れ方2
3. サーバーに150mlの湯を勢いよく注ぎ、
ふたをして、時間を計ります。
あらかじめ白インクのマジックで、
150mlごとに目盛りを付けておくと便利です。
湯の中で茶葉が踊ることにより(ジャンピング)、
バランス良く成分が出ます。
湯は、高めの位置から勢いよく注ぎましょう。

抽出している間にサーバーが冷えてしまうとジャンピングしにくいので、
サーバーの下にタオル、キルティングのマット、
コルクのコースターや鍋敷きなどを敷くとよいでしょう。
紅茶の入れ方3の1
そして紅茶ごとに指定された紅茶の抽出時間を
、タイマーを使ってきちんと守りましょう。

時間が短すぎては、紅茶の成分が引き出し切れず、
香り・味・水色の物足りない紅茶になってしまいます。
逆に、時間が長すぎたり、茶葉を入れっぱなしにしておいては、
苦みや渋みの強い紅茶になったり、最良の水色の紅茶になりません。


紅茶の入れ方3の2
4. 時間がきたら、茶こしでこしながら、
ティーカップに一気に注ぎ出します。
時間が来る直前に、マドラーで軽くかき混ぜると、
湯の中の成分がより均一になります。



紅茶の入れ方4
5. 注ぎ終えたら、その茶こしを2、3度ふるい、
茶こしに残っている紅茶をティーカップに入れます。
茶こしに残った成分を、最後にふるい落とします。
これがベストドロップです。
これで、出来上がりです。さあ、テイスティングをしてみましょう!



紅茶の入れ方5


入れ方のポイントは、

・ 新鮮な水を使う。
・ 紅茶をきちんと計量する。
・ 湯は、いきおいよく注ぐ。
・ 抽出時間を守る。
・ 抽出時間になったら、紅茶を茶こしでこす。
・ ベストドロップ(旨みのかたまり、おいしさの決め手となる最後の一滴)を入れる。

です。

ティーポットを使った入れ方

僕の紹介する入れ方では

・ 茶葉をこしてあるので、紅茶が最もおいしい状態でTea Time を楽しめます。
・ ティーポットの中で紅茶が時間がたっても濃くならないので、
 おかわりの紅茶も最良の紅茶が飲めますよ!

ここでは、2杯分のティーポットを例にします。

1. 新鮮な水をグラグラと沸騰させましょう。

2. 温めたサーバーに茶葉を入れます。
2杯分なので3g(茶さじ山盛り1杯)×2の紅茶を入れます。
サーバーに150ml ×2の湯を勢いよく注ぎ、ふたをして、時間を計ります。


3. 時間がきたら茶こしでこしながら、
温めたティーポットに一気に注ぎ出します。
時間が来る直前に、マドラーで軽くかき混ぜると、
湯の中の成分がより均一になります。

4. 注ぎ終えたら、その茶こしを2、3回ふるい、
茶こしに残っている紅茶(ベストドロップ)をティーポットに入れます。



ティーカップが、ティーポットに変わるだけなので簡単でしたね。
でも、2杯目の紅茶は、茶葉を入れっぱなしにしたものとは、雲泥の差です。

どうぞあなたも「とびきりおいしい紅茶の入れ方」で、とびきりおいしいTea Time を楽しんでくださいね。

このページで紹介した「とびきりおいしい紅茶の入れ方」と、
入れ方を応用した「とびきりおいしいロイヤルミルクティーの入れ方」を
毎月50名様限定でプレゼントしています。

詳しくはこちら





 
とびきりおいしい紅茶を飲むための7つのヒミツ
1.これだけはゆずれない。
おいしい紅茶を選ぶための3つのポイント!


2.紅茶の価格とおいしさは比例するの?

3.おいしい紅茶の産地はどこ?

4.茶葉の形や大きさは、おいしさに関係するの?

5.紅茶の等級はおいしさのガイドになるの?

6.ブレンドティーはどんな紅茶なの?

7.フレーバーティーはどんな紅茶なの?

★おいしいTea Time を楽しむためには!

とびきりおいしい!入れ方を伝授します
アフタヌーンティーの秘訣
アフタヌーンティーを楽しむための紅茶知識などを紹介しています
リーフティーポートのメールマガジン

お買い物はこちらから
訪問販売法に基づく表示
業務用・卸について
リーフティーポートについて
サイトマップ

紅茶教室の先生!講師をめざすあなた!
知っていますか?こんな情報!?

HOME

























































































































 ホーム紅茶専門店を始めた理由お客様の声お買い物はこちらから訪問販売法に基づく表示サイトマップ


Copyright (C) 2004-2012 Kazutoshi Aida All rights reserved