発毛・育毛に関する情報を紹介。男性の発毛・育毛、女性の発毛・育毛の悩みをナビします。

発毛・育毛薬プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用について

発毛・育毛薬プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用について2006年9月25日朝日新聞生活欄に記事が掲載されました。

記事を参考に、プロペシア(フィナステリド)の効果・副作用についてまとめてみました。

 

■発毛・育毛薬プロペシア(フィナステリド)について

プロペシア(フィナステリド)は頭部の薄毛・脱毛の進行を抑える初の医療用飲み薬です。

プロペシアが発売されてから9ヶ月が経過した時点での、医療現場での受け止められ方が記事になっています。

 

プロペシア(フィナステリド)は病院で処方を受けて服薬治療できますが、肝機能が悪い人は、服用注意なので、医師に相談した方が良いでしょう。

また、女性での効果は未確認で、妊婦や妊娠の可能性がある人は服用禁止です。

 

■発毛・育毛薬プロペシアの効果・副作用について

 

東京医大ではプロペシア(フィナステリド)を約400人に処方し、写真による見た目では3年服用者99人のうち6%が著しく改善、中軽度を合わせると78%改善と報告されています。

 

主な副作用は、性欲減退、勃起不全とされていますが、飲み始めに一部の人にみられる副作用であり、続けるうちに解消される人がほとんであると報告されています。

重篤な副作用の報告はありません。

 

プロペシア(フィナステリド)効果や副作用については長期的に見ていく必要があり、服用から3ヶ月から半年程度で半数程度の人に、見た目の維持や改善が見られました。従来の育毛剤などと、プロペシア(フィナステリド)の併用が望ましいというのが、専門医の意見です。

 

最初の1年は増毛が期待できても、その後は進行を食い止めるのが本質なので、プロペシア(フィナステリド)をやめれば、再び薄毛・脱毛が進むという医師の意見もあります。

 

■発毛・育毛薬プロペシア(フィナステリド)の価格と診療代について

 

・メーカー参考価格 1錠:250円。

 

・公的保険の利かない自由診療

 

・薬代の他、診察代、検査代がかかる。大学病院などでは初診時の支払いが1万円前後が相場。

クリニックのなかには付き3万円の定額制の所も有り。

 

万有製薬のサイト http://aga-news.jp/ で、自宅近くの処方を受けられる医療機関を検索できます。

・通院は1〜2ヶ月に1回

 

プロペシア(フィナステリド)は長期的に飲み続けなくては効果が望めず、それなりの金額もかかり続けます。

「抜け毛が気になるから」「薄毛を改善したい!」と、安易に飛びつかず慎重な選択をしましょう。